読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書的な何か。

読書と読書にまつわるテクノロジー、雑記など。

『戦略読書』定点観測 - 2017年2月

戦略読書

はじめに

下記は、今年の読書ポートフォリオ・マトリクス(以下、RPM)です。昨年の実績値を参考に、年間200冊・読書時間460時間、マトリクスは横軸が「鍛錬⇔趣味」、縦軸が「基礎⇔応用」にアップデートしました。

f:id:doksyo-tek:20170211024400p:plain

図1 2017年版のRPM

定点観測

趣味-基礎

どろろ全3巻完結(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]
 

びわ法師のひとことが、なんとも奥深くて。

人間のしあわせっちゅうのは「いきがい」ってこった・・・

どろろの金は不幸な人たちが立ちあがるために使われるのだろう?
それを見つけてやるということは
おめえさんが一人前の人間として立派に役をはたしたことになる!!
それが「いきがい」だ・・・わかるか?

世の中にシアワセなんてありゃしねぇってな

だが
この水のはてに
この空の下に
おれのさがす
シアワセの国が・・・
なんだか
あるような気がする・・・
きっとあるに決まってる!

 

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス)

 

 「獲物は逃しても、また獲れる。獲物ほしさにルールを守らなければ、狩猟をする資格はありません。」

猟師の美学。丁寧な描写は見ていて面白い。

鴫。「しぎ」と読む。Snipeは鴫狩りを意味し、スナイパーとは元々鴫を獲れるほどの腕前の持ち主のことを指す。鴫は小さくてジグザグに飛ぶため、狩りにくい。うん。1つ賢くなりました。

 

金魚屋古書店出納帳(上) (IKKI COMIX)
 
金魚屋古書店出納帳(下) (IKKI COMIX)
 

 金魚屋古書店の、別冊?
次のフレーズがよかった。

確かにあったと感じていた意味も毎日のようにうつろっていく
一瞬の光と闇の砂時計
その音の心地良さ

ずっと変わらない価値なんてない
絶対的な力を持った確かな値打ちのものなんてない
だから本棚の海の中は気持ちいいんだよね

漫画なんて、たかが紙の上の事。だからこそ、どんな事でも起こり得る。
たかが紙の上だからこそ、あらゆる可能性を秘めていると思っている。

 

マイク・マリガンとスチーム・ショベル

マイク・マリガンとスチーム・ショベル

 

 バージニア・リー・バートンの作品。彼の作品は、産業の進展と、進展に伴う歪みとをうまく描き出している。スチームショベルからガソリン・電気・ディーゼルショベルへ。最後に石炭だってまだまだやれるさ、と光を当てるその裏には、その産業でがんばってきた人々への敬意が感じられる。 

 

 久しぶりに笑った。とても楽しく、でも確かに生きているって実感のある言葉たち。渋谷直角の世界観、人生観も垣間見ることができる。飾らないからか、なんかホッとする一冊だった。紙の本も買っちゃうか。

 

趣味-応用

なし

 

鍛錬-基礎

なし

 

鍛錬-応用

世界に一つだけの深海水族館

世界に一つだけの深海水族館

 

 沼津にある深海水族館の紹介本。

水深200mより深いところは深海で、それは地球の海洋面積の80%なんだとか。深海ってもっと特殊なイメージがあったけど、そうでもないのかも。

しかし、沼津に行きたくなった。深海水族館も見たいし、深海魚が食べられる沼津港にも行きたい!(別に深海魚限定じゃなくていいけど)

 

爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫)

爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫)

 

司馬遼太郎は、「歴史とは、大きな世界である」と言った。その世界の中にいるたくさんの人物が、自分を励ましたり、慰めたりしてくれると言った。

 

 巻頭の「読書の未来」が読みたくて借りた。後ろは全部立花隆の書評。それはそれで参考になるのでざざーっと読んでアマゾンメモ実行。巻頭は後でまとめよう。

 

ふしぎな世界を見てみよう! びっくり昆虫 大図鑑

ふしぎな世界を見てみよう! びっくり昆虫 大図鑑

 

昆虫の世界は本当に奥深い!

写真が多く、実寸も載ってたりするから、イメージがわきやすくていい。重かったり固かったり派手だったり、本当に多様だなぁ。

 

分析

以下は今月のRPMです。棒グラフが冊数、折れ線グラフが読んだ時間です。趣味-基礎(小説、マンガ類)はやはり強力です。

読書形態(紙、図書館、スマホ、専用端末)ですが、今のところ、オーディオブックやウェブブックは読んでいないので、4つのままです。また、形態は偏りなく分散しているように見えます。おそらく、読書をするシーンに応じて、形態を使い分けているからだと思われます。どのシーンで何が最適か、検討してみるのも面白いかも。

f:id:doksyo-tek:20170328125956p:plain

図2 今月のRPM

続いて、今月からは累積のRPMも分析します。

累積のグラフは、三角屋根みたいな形になってきました(毎月のRPMもだけど)。これは、両端に位置する「鍛錬‐基礎」「趣味‐応用」がどちらかというと学習要素の高い、いわゆるお堅い系・勉強系の本が多くなるため、そんなに多く読まれないという事実の表れかと思います。

エンタメ要素が少ないものの、読むと奥が深くて面白い面も持ち合わせている「鍛錬-基礎」「趣味-応用」ジャンルは、もっと開拓していきたいところです。具体的な方策も検討しなくちゃ。

f:id:doksyo-tek:20170328130215p:plain

図3 累積RPM

次に読む本

前回も書きましたが、戦略読書のキモは、他人と差別化するために、他人と違う本を戦略的に読みこなしていくことでした。

そのために考えた作戦が、組み合わせて自分が選ばない本を選んでみるというものでした(以下、前回の図を再掲します)。

f:id:doksyo-tek:20170222003313p:plain

図4 組み合わせて自分が選ばない本を選んでみる

この仕組みに則り、本を選んでみました。今回は、キーワードの選定も、トピックの構築も、全部手作業と主観で行っています。なんとなく。ここを自動化すれば、思いもよらぬ本に出合えることになりそうな気がします(やはりこれは単なるレコメンドか?)。

①キーワード(直感で選んだ。タイトルからのキーワード抜粋が多め)

どんぐり、姉妹、情報、ロボット、生命倫理、奴隷、生殖、心理学、寝かしつけ、鬼、人食い、亀有、世田谷、ウェブニュース、広告、仮説、習慣化、ストーリー、戦略、青空文庫電子書籍、図書館、マイクロライブラリ、経済

 

②トピック(順番に5つに分けただけ)

  1. どんぐり、奴隷、人食い、仮説、電子書籍
  2. 姉妹、生殖、亀有、習慣化、図書館
  3. 情報、心理学、世田谷、ストーリー、マイクロライブラリ
  4. ロボット、寝かしつけ、ウェブニュース、戦略、経済
  5. 生命倫理、鬼、広告、青空文庫

 

③選んだ本(各キーワードをAmazonでAND検索。ただしヒットしなかったら、後ろからキーワードを減らしていく) 

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

 
全脳思考

全脳思考

 
われ広告の鬼とならん―電通を世界企業にした男・吉田秀雄の生涯

われ広告の鬼とならん―電通を世界企業にした男・吉田秀雄の生涯

 

④ 来月読むもの(ピンと来た1冊を選んでいます)

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』にしてみようと思います。おっと、来月と書いていますが、この記事を書いている段階で、3月は終わってしまいそうなので、4月に読みます!

さてさて、面白く読めるかなぁ。4月の戦略読書で検証してみます。

参考

 

速読の科学(1)

f:id:doksyo-tek:20170320195436j:plain

はじめに

巷には速読と名の付く本がたくさん出版されています。速読と聞くと、本当に早いスピードで読むことなんてできるのだろうか、と懐疑的な印象がぬぐえないのですが、昨年初頭、興味深い記事が公開されました。

www.lifehacker.jp

速読は不可能である(正確には、読解の速度と精度はトレードオフである)とするこの記事のネタ元は、以下の論文になります。

Keith Rayner, Elizabeth R. Schotter, Michael E. J. Masson, Mary C.Potter, and Rebecca Treiman. "So Much to Read, So Little Time: How Do We Read, and Can Speed Reading Help?", Psychological Science in the Public Interest 2016, Vol.17(1) 4-34.

この論文、30ページを超える大作です。速読研究の世界を大掴みするのに適していると思ったので、どうせなら、巷の速読法に関する本と照らし合わせながら、速読にはどのような種類があり、かつどのような効果があるのか(あるいはないのか)について整理・考察してみたいと思います。

今回、巷の速読法がまとまっている本として、次の本を選んでみました。もちろん他にも多様な手法があるかと思いますが、まずはとっかかりということで選んでいます。

速読で脳と仕事が変わる! (宝島SUGOI文庫)

速読で脳と仕事が変わる! (宝島SUGOI文庫)

 

 各文献について

まずは書籍のほう

こちらは速読法が人に紐づいているようでしたので、人毎に整理します。(1)~(3)は方法論というより、インタビューが中心かもしれません(未読)。

  1. 苫米地英人
  2. 神田昌典
  3. 土井英司氏
  4. 斉藤英治氏「速読耳」
  5. 呉真由美氏「スポーツ速読」
  6. 山口佐貴子氏「フォトリーディング
  7. 寺田昌嗣氏「フォーカス・リーディング」
  8. 栗田昌裕氏「SRS速読法」

次は論文のほう

非常に長い論文なのですが、前半は通常の読み(黙読)に関する読書プロセスについて、後半はその対比としてRSVPと呼ばれる速読手法を中心とする読書プロセスについて書かれているようです。

はじめに
  • 要約、導入
通常の読み(黙読)
  • 読書、スキミング、速読
  • 読書プロセス
  • 書字システム
  • 視覚処理と眼の動き
  • 言語認識
  • 理解
  • 自然な読書プロセスに関する結論
速読
  • 高速経時呈示法(RSVP
  • 高速経時呈示法における読み(短文)
  • 高速経時呈示法における読み
  • 読書スピードと理解の維持
  • スキミング
  • 速読技術
  • 読解練習
結論
  • 結論

進め方

あまり明確に決めていません。まずは各文献を読んでみて、主旨をまとめるとか、何らかの軸で分類するとか、そんなことをしながら速読の世界を浮き彫りにできればと思っています。読み進めていく中で、よりよい着地点が見いだせればと思います。

まとめ

ということで、次回以降、少しずつ、それぞれの速読について迫ってみたいと思います。これはだいぶ時間がかかりそうですが、何か良い知見が得られそうな気がしています。乞うご期待!

読みやすさの構成要素

f:id:doksyo-tek:20170311082038j:plain

読みやすさにはいろいろな定義があると思いますが、これが一番シンプルでいいんじゃないかな~という定義をしてみたいと思います。

ネタ元は、Readability: a one-hundred-year-old field still in his teens(のスライド5~6枚目)です。ReadabilityはLegibilityとComprehensibilityと異なる、ということが示されていますが、doksyo-tekは、むしろ、これら3つを併せて(日本語で言うところの)読みやすさになるだろうと思っています。つまり、読みやすさとは、次の3要素からなると言えないでしょうか。

読みやすさ:

  1. Legibility:対象の文の、配置(文字の大きさ・行間・フォントなど)のこと
  2. Comprehensibility:対象の文を、読んでわかった・理解したという度合のこと
  3. Readability:対象の文が、どれだけフクザツに構成されているか、ということ

1番目は電子書籍などでも議論されている、縦書き横書きの話だったり、何度かKindleを例に取り上げているフォントの話だったり、要素としては、いわゆる文字組版技術にあたると思います。

2番目は紙とディスプレイシリーズで取り上げた、人の集中度合の違いに関する話や、最近取り上げた読解方略に関する話等、どちらかというと、人間の心理・脳処理に対するアプローチが多いかなと思います。

そして3番目は、文において使われる品詞の数や、単語間の係り受けの関係、文の長さや句読点数などを解析することで文の複雑さを定量化する、計量情報学や自然言語処理に近いアプローチだと思います。

「Readability」は直訳すると「読みやすさ」ですが、日本語の「読みやすさ」には、Legibility、Comprehensibility、Readabilityの3要素が含まれている。したがって、人によってはレイアウトの話をし、また人によっては脳処理の話をする。そのような状況が「読みやすいって結局よくわからないね」という状況を生んでいたのではないでしょうか。

このように考えると、今回読みやすさは3要素からなる、と定義したことで、読書における読みやすさも、工学的に捉えやすくなるのではないかと思うのです。

参考

Kindleソフトウェアの備忘録

昨年末、Kindle Paperwhiteファームウェアがアップデートしたのですが、その際に調べた、Kindleソフトウェア関連情報についてまとめておこうと思います。

Amazonデバイスサポート

  • バイス・ソフト別にQ&A情報がまとめられています。

電子書籍リーダーの見分け方

  • doksyo-tekのKindleは6世代なのですが、背面のロゴを見ないと思い出せないという。。まぁ似たように戸惑う人が多いからでこういうページも作られているのでしょうね。

Kindle Paperwhite(第6世代)のソフトウェアバージョンの確認方法

  • 現状のソフトウェアが最新かどうか確認できます。

Fire & Kindleソフトウェアアップデート

  • バイス別にソフトウェア情報がまとめられています。

Kindle Paperwhite(第6世代)のソフトウェアアップデート

  • 最新版のソフトウェアをダウンロードできます。

最新バージョンを手動でダウンロードする

  • 最新版ソフトウェアを手動でダウンロードし、本体へインストールする方法です。

Kindle Paperwhiteでスクリーンショットを撮る

  • 対角線上の2つのコーナーを同時にタッチするだけです。一瞬点滅すれば撮れています。あとは、本体をPCとつなぎ、Kindleフォルダを覗くと、png画像ができています(あと、ログファイルも)。

www.youtube.com

以上です。ちゃんと、ファームウェアも無事にアップデートしました。

f:id:doksyo-tek:20170212222053p:plain

図 アップデート完了

このスクリーンショットのフォントも、Amazon Ember Boldなのかしら。欧文フォントだし、そこまで興味がわかないかも(可読性の向上という意味では素晴らしいと思うけど)。前と比べて、フォントをいじるのメンドクサクなったみたいだし、まぁ、いずれ。

goodereader.com

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

『戦略読書』定点観測 - 2017年1月

戦略読書

はじめに

昨年の振り返りを受けて、今年は少しリニューアルしてスタートです。2017年の読書ポートフォリオ・マトリクス(以下、RPM)は下記になります。

f:id:doksyo-tek:20170211024400p:plain

図1 2017年版のRPM

昨年の実績値を参考に、年間200冊・読書時間460時間と設定しました。また、マトリクスも変え、横軸は「鍛錬⇔趣味」、縦軸は「基礎⇔応用」としています。

定点観測

趣味-基礎

どんぐり姉妹 (新潮文庫)

どんぐり姉妹 (新潮文庫)

 

気に入ったフレーズを引用。意味が似ている浮かんでいる情報をキャッチ。世の中、そんなもんかもしれない。

p93

ネット上と同じくらいに暗示でいっぱいのこの世界、答えを指し示す矢印はやっぱりひとつだった。答えのまわりをぐるぐる回って、私は無意識のうちにこの半年くらい喪に服したり、姉の恋になにかを喚起されたり、やすみさんのメールが妙に気にかかったり、ついに麦くんの夢にたどりついたりしていたんだと思った。

この世界の混沌の中では、死んだ麦くんが私にキャッチされそうなタイミングで夢を通じてやってくることも、やすみさんが麦くんの奥さんのイメージをもたらしたことも偶然ではない。そしてそういうことはみんな、だれもが泳ぐ無意識の海の、匿名でできた世界の中では個性を持っていないのかもしれない。意味が似ている情報だけが浮かんでいて、きっとどこをキャッチしてもわかるのだ。

 

ロボット (岩波文庫)

ロボット (岩波文庫)

 

1920年に発表された戯曲。後書きにあるが、特徴的な3点の問題提起をしていると思う。つまり、生命倫理の問題、ロボットの奴隷性の問題、そして愛の問題である。特に生命倫理や愛情の問題は根深い。今でもAIBOを捨てられない人がいると聞くし。「生殖によって子を作ることと、人工的に子を作ること、そのどちらとも人の手による子作りに思えるし、何が違うのか」この問いへの答えはまだ、見いだせていない。

 

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

 

話し方に気をつければ、心理学の仕掛けが子どもに有効に働くのかもしれない。ただ、子どもの寝かしつけは毎日なのだが、繰り返し使っても効果あるのかなぁ。毎日同じパターンだと、飽きられるとか、反眠り?パターンを作り出されるとか、されないのかな。

 

ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

 

トミーウンゲラーの絵は、迫力と優しさがあって、やっぱり好きだなぁ。 

 

年末の重版をゲット。細かいところまで手を抜かないこだわりは、プロ魂をビンビン感じちゃいます。秋本先生、かっこよすぎ。尊敬の極みです。

 

サザエさん 2017 (週刊朝日増刊)

サザエさん 2017 (週刊朝日増刊)

 

やはり、サザエさんの真骨頂って人間味に溢れるところなんだろうな。寅さんも、釣りバカも、サザエさんも、ドラえもんも、ダメで、でも優しくて、そんな人々の心が描かれているから、支持されるんだと思う。

趣味-応用

ウェブニュース一億総バカ時代 (双葉新書)

ウェブニュース一億総バカ時代 (双葉新書)

 

ウェブニュースとウェブ広告の基礎知識として。基本的な仕組みと、それを具体的なビジネス事例で(あたかも自分が担当・当事者として)語られるところがわかりやすかった。

鍛錬-基礎

なし

鍛錬-応用

ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

 

とても熱量を感じる本。「めんどくさい」すら基準が変わる現代、宇宙人的視点で捉えた仮説。その仮説がドミノ倒しに広まっていく起爆剤は、たった一人の、熱くて揺るがない「気持ちいい」そのものなんだな。

あと、意外と好きなのはこのフレーズ。そうそう。日々コツコツが大事なんです。

p152

人間は、どれだけ強く決意しても、大きく変わることなどできません。変わるためには、「習慣にすること」が必要です。習慣にして、少しずつ少しずつ変わらないといけない。

 

物語戦略

物語戦略

 

物語戦略とは、シンボリックなストーリーを資源として捉えて、ビジネスモデルに組み込んで使うことで、組織が競争優位を獲得する戦い方、のこと。この本のいいところは、じゃあどうすればいいのさ、を具体的に落し込んで解説しているところ。具体的であればあるほど、イメージがわき、そうか自分の組織にも物語はあって、それを戦略的に使えるんだって思えてくる。

 

本の未来 (Ascii books)

本の未来 (Ascii books)

 

青空文庫の富田さんが1997年に書いた本。青空文庫設立前夜の本を、青空文庫からダウンロードしてKindleで読んだ。彼の電子書籍の正解は、パッケージにこだわりつつも、リンクすること、だったのかもしらん。

 

世界の不思議な図書館

世界の不思議な図書館

 

世界には本を読むための、たくさんのアイデアと環境があふれている!図書館で借りたけど、買っちゃおうかな。

 

特集「私が変わる感動本2017」に惹かれて。「ビジネスの知識は「経済小説」で学べ!」というコーナーがよかった。仕事の面白さ、出世、降格、子育てとの両立、リーダーシップ、業界別、、、様々な切り口でビジネスが学べる!しかも小説で!これはお得。

分析

昨年もやりましたが、今年も可視化してみます。

今年は、まず時間と、冊数と、読書形態を可視化してみたいと思います。読書形態とは、どんなメディアで読んだかを指します。今のところ、大きく4分類にしていますが、オーディオとか、ウェブとか、異なる再生環境が必要なメディアが追加されるかもしれません。

f:id:doksyo-tek:20170218163546p:plain

図2 今月のRPM

趣味本が多いのは昨年もですね。ただマンガ、絵本は1冊30分で計算しているため、時間はさほど消費していません。あと、意外とデジタルで読んでいない。今月はごそっと図書館で借りたのが効いているかもしれません。図書館で本を借りると、返さなきゃいけないというプレッシャーから優先的に読むため、買った本(紙、デジタル)よりも先になり、結果、図書館の本が多くなるのかも。

気づき

さて、今月は、気づきというよりも、これからどう工夫していこうかという自分なりのカイゼンです。

戦略読書のキモは、他人と差別化するために、他人と違う本を戦略的に読みこなしていくことでした。

じゃあ、他人と違う本はどう選べばよいか。まずは、自分が選ばなそうな本をチョイスするのがいいのではないかと思います。

今月は読みたいものをランダムに、超並列読書をしています。そこで、まず読んだ本のキーワードや主題を抜き出します。次に、それらを組み合わせていくつかのトピックを作ります。そして、そのトピックを1つ以上含む本を選び、来月の課題図書にするのです(図3)。試みは、いきなり気張っても長続きしないので、まずは1冊だけ試してみようと思っています。

f:id:doksyo-tek:20170222003313p:plain

図3 組み合わせて自分が選ばない本を選んでみる

自分が選ばない本=他人とは違う本、とはならないので、これが解ではないと思いますが、このブレンドを何回か繰り返していると、差別化要因につながる本を見つけることにつながるのではないかと考えています。人力レコメンドぽいですが、吉と出るか凶と出るか。まずは試してみたいと思います。

参考