読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書的な何か。

読書と読書にまつわるテクノロジー、雑記など。

Kindle for Androidの日本語フォント

Kindle for Android、ついこないだまでこんな感じになっていました。

f:id:doksyo-tek:20160123021528j:plain

図1.約物、点丸等がおかしなことに。。。

これはさすがにひどいと思い、フォントの入れ替えを試してみました。

結論から言うと、アプリはアップデートされたので、フォントはデフォルトでよかったかな、というオチです。ですが、せっかく入れ替え方を調べたのでまとめておきます。

以下、試してみたことです。

0) Kindle for Androidを終了する

事前にアプリは終了させておく。

1) 入れ替え用フォントのダウンロード

以下のサイトからttfファイルをダウンロードする。

2) ttfの配置

以下のディレクトリにダウンロードしたttfを配置する。

Android > data > com.amazon.kindle > files > fonts > ja

3) 設定ファイルの書き換え

ttfを配置したディレクトリ内にあるsystem_fonts.xmlの1番最初に見つかる、

/storage/emulated/0/Android/data/com.amazon.kindle/files/fonts/ja/TBGothicMed_213.ttf

を、

/storage/emulated/0/Android/data/com.amazon.kindle/files/fonts/ja/ipaexm.ttf

に書き換える(上書き保存)。最後のフォント名は、フォントに応じて変える。

4) Kindle for Androidの設定

以下を選択する。

Aa > フォント > Droid Serif

ここまでくれば、めでたくお好みのフォントで読書を楽しむことができそうです。

比較

ということで、次の3点で比べてみました。夏目漱石『こころ』の冒頭です。

f:id:doksyo-tek:20160123022059j:plain

図2.デフォルト(1/22現在最新アップデート後)

f:id:doksyo-tek:20160123022133j:plain

図3.IPAex明朝

f:id:doksyo-tek:20160123022159j:plain

図4.はんなり明朝

「IPAex明朝」って、デザインはタイプバンク社が担当しており、同社「タイプバンク明朝(TB明朝)」と類似したデザインらしいのです。そして、Kindle for AndroidのデフォルトフォントはTBフォント。。がんばってIPAフォントを入れても、さしたる違いはないのですね。

そして、なんとなく長文に向いてるかなーと入れた「はんなり明朝」。縦書きにすると、ちょっと弱々しい感じになってしまいました。少し用途が違っていたのかもしれません。たぶん、適材じゃなかったんでしょう。

結論は冒頭で述べたとおりですが、フォントの入れ替え方がわかったのでよかったです。ま、得てしてこういうものはプロの言うとおりに(つまりデフォルトに)しておいたほうがいいのかもしれません。

参考